八十八の読み方

四国香川県は弘法大師空海が修行した足跡を巡る「四国霊場八十八ヶ所」が有名です。そのまま「はちじゅうはち」と読んでしまいそうですが違います。また、お客様に「やそはち」って読むの?とよく聞かれます。おしいのですが、これも違います。

 
答え:「やそば」と読みます。

この呼び名は「弥蘇場・八十蘇・八蘇場・八十八場」等色々な字に当てられています。現在はJR予讃線に八十場駅とある様に、この辺り一帯を地名で八十場(やそば)と呼んでいます。

 

八十八の謎トップへ

アクセスマップ